back to TOP

admin |  RSS
 私が悪いの?  2016/12/24 (Sat)
風邪引きやすいこの時期、なんたって必要なものはビタミンC。 
・・・と、催促したわけではないのですが、毎年この時期には弟からミカンが送られてくるのです。
そしてもれなく今年も! 「明日届く」との連絡。 

待望のミカンが届く予定の朝、それは思いがけずに早い時間にやってきました♪

 ピンポ~ンっ♪

小梅が首を長くして待っているのを知った郵便局の配達の方が、一番で届けてくれたのねぇ~♪ 食後のミカンだぁ!

 はい!はい!はぁ~いっ!

勢いよく玄関のドアを開けたら、大きな箱を抱えた配達の方。 急いでハンコを押して箱を受け取り・・・テーブルの上で開いたら・・・なんとかわいいミカンがぎっしり!
やだ~!こんなにたくさん、二人で食べきれる?? ・・・と言いつつも、1個を手に取り、クルンと皮をむいてパクッ! 
甘~~~っ♪ 中の皮も口の中で溶けてしまうくらい柔らかい・・・。

さて! こんなにたくさんのミカン。 どうしようか・・・? まずはマーマレード!! 早速洗って・・・・
と、ここで電話が・・・。

『もしもし、小梅です。』 
『あ、郵便局のものですが・・・』 と、さっきの配達の方の声。

そのあと・・・・・・

配達の方 : すみません、さっきの荷物、間違えたんですっ!
小梅 : え~~~っ! もう開いて、1個食べちゃいましたけどぉっ!!
配達の方 : え? 食べちゃったんですか??
小梅(の心の声) : そりゃそうだろうよ~! ミカンだもの食べるだろうよっ!!
配達の方 : これから交換に伺いますので・・・
小梅 : は・・・い・・・・・

・・で、伝票を見たら、アリさんを半分に切ったくらいの小さな文字。 老眼の小梅には見えないので、眼鏡をかけてよく見たら・・・確かに弟からのじゃない。 受取人も小梅じゃない。。。

数分後、差出人は弟、受取人は小梅の・・・今度は本物の小梅んち宛てのミカンの箱が届きました。
1個少なくなって新しいガムテープで押さえたミカンの箱は、配達の方が局に持ち帰りました。

今までぎっしり詰まったミカンの箱が置いてあったテーブルの上には、ポツン・・・と、皮だけ・・・。

     20161224.jpg

ちゃんと宛名を確認しなかった小梅が悪かったのか?・・・と、ちょっと反省。
とりあえず、一番汚い皮のミカンを選んで食べたけど、一番きれいで一番大きいのを選べばよかったか?・・・と後悔。


ポチッと応援してくださると嬉しいです 
にほんブログ村 主婦日記ブログ 50代主婦へ 

横浜と共に130年 聘珍樓



Trackback
トラックバックURL: http://81happy.blog.fc2.com/tb.php/723-1234095f
Template by :FRAZ